二千円札消費家の日記

常に楽しく、ハッピーに二千円札、2000円札、弐千円札を流通させよう!

二千円札を見ながら、2017年を振り返りってみる。

新年明けましておめでとうございます。

本年2018年もよろしくお願いいたします。

ルーガ

 

二千円札を再認識したのは、2017年の9月頃でした。

今はもう全然見かけないなぁって思い、調べると銀行で簡単に入手できることをしました。

手にした時に、これってみんなが知ってるけど、忘れていることだな。これをネタにブログを書けば面白いじゃないかなって思ったのが、ブログを書くきっかけです。

2000円だったら、1,000枚あっても、200万だし自分でも簡単に出せる金額←キャパはどれだけあるかはヒミツです(・∀・)

 

 

会社にいく前に、銀行で軽い手続きする感じで、「二千円札の両替お願いします。枚数は1,000枚で!」言いました。大きい店舗だったので、ちゃんと保管量もあり無事に入手できました。(大量に両替される際にはご連絡くださいと注意受けましたが…)二千円札をこんな両替する人なんていないでしょうね笑

そのまま仕事して、その夜も会社仲間との飲み会も経て家に帰りました。

200万という金額を持ち歩くのは怖くないの?と思われるかもしれませんが、以前300万(1万円札で)を一日持ち歩きながら町を歩いたことがあったので、そこまで緊張はなかったです。ただ1000枚もあるからカバンがかさばり思いなぁってことは感じました笑

 

これでブログのメインテーマの準備はできた。

あとはチョロチョロと適当にブログを書き、切りのいい11月から消費活動をはじめました。

 

初めは使っていても、そんなにびっくりされることもなく、私が十数年ぶりに二千円札を見た感動って他の人はあんまりないのかなーって思ったりもしましたが、ブログの読者数は増えていき、ツイッターでもいいねをくれたり、コメントを下さる人もいたので、まずは続けていこうって思いました。

1ヶ月くらい経つとこの人は反応してくれそうな人とか今お店の開店忙しそうだから、リアクションとか見れないだろうなとかわかるようになりました。

12月は飲み会シーズンもあり、消費する機会が多く、いいペースで消費できました。

 

しかし、一度もお釣りで二千円札が返ってくることは起きていません。

お店側からしたら、お客に二千円札をお釣りで出すのはリスクありますからね…

気の知れてる客だったらまだしても、知らない客に二千円札渡されて、「えっ??」言われて一悶着あっても嫌ですからね。私がお店経営してたら「お釣りは二千円札を優先してお渡しします。」という注意書きますね笑

沖縄銀行でもATMの出金時に二千円札不要ボタンがあるそうです笑笑

二千円札だして、レジあけて、底に入れらる光景見ると申し訳なく感じますね…

 

2ヶ月で107枚の消費をしました。

比率結果

交換が1番ですね。飲み会でその場全員と交換することもあるのでやっぱり初めは物珍しさから多いですね。私の周りが二千円札を珍しく思わなくなったら交換は減っていくでしょうね。

f:id:rooga-2000yen:20180102001028p:plain

円グラフでもご飯系が消費割合が多く、夕食、飲み会、ランチ、軽食でほぼ半分くらいいってますね。大きい買い物はカードですし、あまり小物などに消費することもないのでね…

f:id:rooga-2000yen:20180102001153p:plain

 

以上で、2017の振り返りを終わりにしようと思います。

2018年の目標とはまた今月中のどこかで!

 

ありがとうございました。

 

 

www.rooga-2000yen.com