二千円札消費家の日記

常に楽しく、ハッピーに二千円札、2000円札、弐千円札を流通させよう!

飲み会で二千円札を交換・消費しました。その2

こんにちは

ルーガです。

 

飲んでばかりで運動できない毎日です。

 

今日はB'zを聞きながら書いてます。

B'zと私の関係は、六本木にあるテレビ局の金曜日夜に生放送している番組で観覧者として1メートルの距離で生歌を聞かせて頂いたことがあります。

リハ本番で二回も聞けてたり、お二人の本番前の緊張感が伝わったり素敵な体験でした。

 

送別会や歓迎会で飲み会が続き外食の日々。それは二千円札チャンスである。

ランチは外食ですが、夜は家で食べたり、外で食べたり気分と予定によって変ります。

 

 

ランチでお肉を食べ、そこで二千円札を一枚使いました。

f:id:rooga-2000yen:20171110224008j:plain

ここのお店は以前のランチは好きだったのですが、新しくメニューが変わっててちょっと残念でした。

とは言え、スープにお肉、バターライス美味しくいただきました。

支払いはもちろん、二千円札で!ちょっとバタバタしていたので、さくっと対応され、今回もこれといって、リアクションなく対応されてしまいました。

 

お金扱う人達はたまには見かけてるからそんなに珍しくないのかな??

 

そして、夜は飲み会へ

 

 丸の内の某居酒屋にて、退職した同僚が海外で働き始めるため、送別会を行いました。

その場は8人全員が転職者で働き方の重いがそれぞれありました。

聞いていて、ふむふむと思ったり気づきがありました。

 

仕事不慣れな人の教育について、一番気になりました。

私たちは、前職がありそれなりに経験してから移った人なので、多少説明不足であっても、経験と周りの雰囲気で仕事はこなせてしまう。

しかし、会社なので新人が入ってきます。その人達は勉強して知識はそれなりあるけど、仕事のペース配分だったり、優先事項っていうのは全くわからないことが多いです。

そこで一度失敗をしてしまうと、あの人は要領が悪いという烙印がつけられしまい、周りから仕事を振るの渋るようになってしまいます。

人罪で人在で人材で人財なのだから。

 

仕事はいかにプロフェッショナルであっても、人のマネジメントがイマイチな所をどうこうした方とあれこれ言い合いました。

私の意見をちょっと言わせてもらうと、できる人がやり方を伝えればいいと思う。

そうすれば、自分の仕事も楽になるし、自分の分身を作る感覚で教育すればいいと思うですよね。

教える人が忙しかったり、教えてもらう側が適切な態度だったり、いろんな原因があったりするから、うまく回らないと最初は育成する気満々だった人もしだいにやる気がなくなるかなと思ったり…

そんな環境にさせないためにも、自分が上に立っていくようにするしかないですよね。

上が良くしてくれるなんて期待するは、リスクがありますからね。

 

さて、話を戻しまして、

1次会でまとめてもらった幹事さんに二千円札を渡しました。

2次会で二千円札の消費することを話して、その場にいたメンバーと交換しました。

f:id:rooga-2000yen:20171111211841p:plain



みんなが二千円札を持って写真なんて、東京じゃあ見ない光景ですね笑

 

そして、支払いももちろん二千円札!

f:id:rooga-2000yen:20171110223959j:plain

 

伝票を取りに来た店員に渡しました。取った時は普通でしたが、レジに向かっている時に、伝票の上にある二千円札をまじまじと見てました笑

裏も見たりと…たしかに、偽札の心配とかしますよね…あまりにも見ないから。

 

楽しく飲んで解散となりました。

 

前回の飲み会

 

www.rooga-2000yen.com

 

 

@990